綿打ちから150年。
初代から五代目に至るまでの伝統。

明治7年に亡くなった初代・忠七が始めた綿打ち家業、昭和33年に「丹羽ふとん店」として小売業が始まりました。
「綿打ち」から「ふとん製作」に至るまでの知識や技は、丹羽ふとん店として、今も続いた伝統技術です。
「綿打ち」からの伝統として、綿の配合率のこだわりは、丹羽ふとん店独自のものです。
現在の五代目は、ふとんだけでなく、枕やソファなど、ふとんとしての活躍するあらゆるプロダクトにも挑戦しています。

弓と槌

真綿と槌